2014年9月20日(土)から11月30日(日)までの期間、名古屋ボストン美術館にて『美術する身体ーピカソ、マティス、ウォーホル』展が開催される。本展は、第二次世界大戦以降の美術における「人の姿」をテーマにした展覧会だ。
アンリ・マティス≪横たわる裸婦≫1946年 木炭、紙
Charles H. Bayley Picture and Painting Fund 2004.70
Photograph 2014 Museum of Fine Arts, Boston. 時代を超えて芸術家たちの創作意欲をかきたててきた、「身体」。深層心理を表出するため、作家が生きた時代や国によって、「人の姿」を創出する意図、託す思いは様々だ。本展覧会では、世界情勢が大きな転換期を迎えた1940年代から現在まで、ボストン美術館のコレクションより版画・油彩・彫刻・写真・映像で、美術と身体との関わりや作家たちが身体に託したものは何かを紐解いていく。 中でも見どころは、日本初公開となるピカソの晩年の傑作「サビニの女たちの略奪」。1962年、フランスでキューバ危機の報道を見たピカソが本作を描き始めたと言われており、身近で大切な人々が争いあう悲しみや苦しみ、ひいては静謐な世界への思いが込められた作品となっている。 また本展は、近代美術の父と称されるアンリ・マティスの描いた「横たわる裸婦」も展示される。彼は見たままを描くのではなく、表現主義的な絵画をいち早く確立させた人物でもある。まだ画風を確立していない30代の作品と、マティスらしさが際立つ晩年の裸婦のドローイング2作品を見比べて鑑賞することができる。 さらに、フォト・リアリズムを代表する画家の一人チャック・クロースの作品は、彼が初めてシャネルマフラーコピー手掛けた貴重な自画像のデッサンとともに、彼の代名詞とも言える180cmを超える巨大なマス目上の自画像、計4点が登場。彼は1960年代からほぼ一貫して人の顔、特に自画像を描いてきたことで知られている。 その他、性にとらわれない身体の美しさを追求し、徹底した審美眼による数々のポートレートで絶大な支持を得た、写真家のメイプルソープやハーブ・リッツの作品、そして杉浦邦恵のフォトグラム「影のポートレート」シリーズより、現代美術家、のポートレートなども出展される。
チャック・クロース≪自画像≫2007年 スクリーンプリント Thompson Family Chuck Close, courtesy Pace Gallery
Photograph 2014 Museum of Fine Arts, Boston. 【展覧会概要】
美術する身体ーピカソ、マティス、ウォーホル
会期:2014年9月20日(土)〜11月30日(日)
開館時間:平日 10:00〜19:00、土・日・祝・休日 10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで。9月23日(火・祝)は17:00まで。
休館日:月曜日(祝・休日の場合はその翌日) ※10月13日(月・祝)。11月3日(月・祝)、11月24日(月・振)は開館、10月14日(火)、11月4日(火)、11月25日(火)は休館日。
会場:名古屋ボストン美術館
住所:愛知県名古屋市中区金山町1-1-1
料金:一般 1,300円(1,100円)、高大生 900円(700円)、中学生以下 無料 ※()内は前売、20名以上の団体、平日17:00以降来場の割引入館料。前売券は市内プレイガイドで8月1日(金)から発売。オンラインチケットはコンビニエンスストア・チケットぴあで7月10日(木)より発売中。
TEL:052-684-0101 ※PhotoGalleryの写真は全て、Photograph 2014 Museumブランドイヤリングコピー of Fine Arts, Boston. 。

1974年にニューヨークで誕生し、世界中で愛され続けてきた(LeSportsac)が、2017年に日本上陸30周年を迎える。この記念すべき年に、レスポートサックはデザイナーとのコラボレーションアイテムや過去に人気のあったモデルの復刻などを提案する。レスポートサック(LeSportsac) ガナシェ|写真2レスポートサックの誕生はじまりは1974年、ニューヨークの小さな工場。グリニッジヴィレッジの専門店で販売がスタートした。・素材を用いる、シンプルかつ軽量な利便性の高いバッグは、瞬く間に人気を呼び、1980年代にはニューヨークとロサンゼルスに店舗を構え、レスポートサックのアイテムはアメリカでさらに広がり始める。
機能的な面はさることながら、小さなポーチから大型のボストンバッグまでラインナップの豊富さにも人気の理由があった。カラフルなプリントは世界のファンを虜にレスポートサック(LeSportsac) ガナシェ|写真5今では定番であるレスポートサックのカラフルなバッグ。しかし、実は1985年までは無地が主流であったのだ。

以降、続々と登場したカラフルなプリントは、時代と共に進化を重ねていくこととなる。2002年にはアメリカ人クリエイターのジョナサン アドラーによるデザイン「レキュート」を発表し、アーティストとの初コラボレーションを果たす。翌年にはデザイナーコレクションで、グウェン ステファニーL.A.M.B.によるプリントを展開し、その後も注目度の高いコラボレーションを発信していった。(STELLA McCARTNEY)(2008年)や(Olymエムシーエムスーパーコピーpia Le-Tan)(2015年)などの有名デザイナーはもとより、やなどのキャラクターを用いたアイテムも提案するなど、毎月、新柄オリジナルプリントの商品を発表し、その種類は年間で約100種類に及ぶと言われる。よりレスポートサックの実用性の高いアイテムはベースがシンプルだからこそ、あらゆるコラボレーションが実現する。そして、飽きのこない提案が、どれだけ時を経ても変わらずファンの心をつかんできた理由の一つである。30周年記念の第1弾モデルレスポートサック(LeSportsac) ガナシェ|写真130周年記念の第一弾となるスペシャルアイテムは、まるでブランドの歴史をおさらいするかのようなクラシカルなモデルだ。レスポートサックの名作シリーズのひとつとして挙げられる“スぺクテイタ―シリーズ”より「ガナシェ」が登場する。

上品なブラウンカラーはどんな洋服にも合わせやすい。持ち手のに配さたラインには、ゴールドラメが織り込まれており、ほのシャネル指輪コピーかに輝きを放つことでよりエレガントな装いへ。大きなポケットが配されたショルダーバッグソフィー」、横長でコンパクトなサイズ感ながらしっかりと容量のある「ローラ」など、用途によって自分に合ったを選べる全19種類が揃う。【詳細】
レスポートサック 30周年記念 第1弾
発売日:2017年3月1日(水)
販売場所:全国レスポートサックストア・公式オンライン
価格:
ソフィー(H27×W42×D16) 18,000円+税
ローラ(H16×W30×D10) 12,500円+税
ダブルジップベルトバッグ(H10×W30×D6) 9,000円+税
スモールリバーシブルトート(H23×W31×D10) 12,000円+税

の新曲「喜劇」が配信リリース。テレビ東京系で放送されるアニメ『SPY×FAMILY』のエンディング主題歌となる。星野源の新曲がアニメ『SPY×FAMロジェ·ヴィヴィエスーパーコピーILY』ED主題歌に星野源 新曲「喜劇」ジャケット写真星野源 新曲「喜劇」ジャケット写真2021年はシングル『』や、菅田将暉主演映画『』の主題歌「」のリリースなどで話題を集め、2022年はSUPERORGANISM(スーパーオーガニズム)の最新アルバム『』に参加することも決まっている星野源。そんな星野源が新曲「喜劇」をアニメ『SPY×FAMILY』のエンディング主題歌として書き下ろした。<星野源 コメント>星野源 喜劇 SPY×FAMILY|写真1『SPY×FAMILY』のロイド、アーニャ、ヨルたち“家族”のことを想いながら、そして“家族”という言葉の意味を想いながら制作しました。完成した楽曲を聴きながら、木は青々と茂り、花は咲く、暖かいこれからの季節にとても似合う曲だなと感じています。新曲「喜劇」をぜひ沢山聴いて頂き、初回放送のどこで楽曲が流れるのか、“わくわく”していただければ幸いです。『SPY×FAMILY』OP主題歌はOfficial髭男dism星野源 喜劇 SPY×FAMILY|写真3『SPY×FAMILY』は、集英社「少年ジャンプ+」にて連載中の遠藤達哉による人気マンガをアニメ化するもの。オープニング主題歌には、Official髭男dismの新曲「ミックスナッツ」が起用される。【詳細】
星野源 新曲「ロエベバッグコピー喜劇」
配信日:2022年4月8日(金)

■アニメ『SPY×FAMILY』
放送日程:2022年4月9日(土)23:00~
放送局:テレビ東京系6局ネット他
オープニング主題歌:Official髭男dism「ミックスナッツ」
エンディング主題歌:星野源「喜劇」 ©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

↑このページのトップヘ